新規契約・MNP・機種変更など格安乗り換えのまとめサイト

  1. au
  2. 59 view

最新のスマホを最大限にお得に乗り換える方法|徹底解説【2018年版】

iPhone8、Plus、iPhoneXが販売開始となり、「この機会に乗り換えをしようかな」と考えている人も多いでしょう。
せっかく乗り換え(MNP)をするのですから、少しでもお得に新機種に替えたいと思いますよね。

ここではスマホを乗り換える方法や、オンラインショップのメリットとデメリット、キャリアの公式オンラインショップやその他のオンラインショップの特徴などを徹底的に解説していきます。

スマホをお得に乗り換えたい!どんな方法があるの?

スマホの乗り換えはショップでしか行えないと思っていませんか?
スマートフォンの乗り換え方法に付いて紹介します。

ケータイショップでの乗り換え

docomoショップやSoftBankショップ、auショップなどに直接来店して乗り換えをする方法があります。
ケータイショップの特徴は、直営店のため最優先で最新機種を手に入れられるという点です。

ショップのスタッフが手続きを行ってくれるので、特にスマートフォンの知識がなくても簡単に乗り換えができます。

デメリットは店舗によってキャッシュバックが受けられなかったり、キャッシュバックがあっても他より安かったりする場合があります。
またショップは週末が特に混雑しているので、長時間待たされるといった点もデメリットとしてあげられます。

家電量販店での乗り換え

ヨドバシカメラ、コジマ電機、ビックカメラなどの家電量販店でも乗り換えができます。専売ショップと違って大手キャリアが勢揃いしているので、しかも実機を触れられるので、じっくりと端末や割引率を吟味してから乗り換えができます。

キャッシュバックが高額という点も見逃せませんが、現金キャッシュバックではなく店舗独自のポイントで還元する場合がありますので、確認を忘れないようにして下さい。
キャッシュバックでもらえる金額は0〜1万円が相場です。

併売ショップでの乗り換え

テルルやカメラのキタムラなどの併売ショップも、複数のキャリアを扱っているため実際に触れて確かめることもできる点が便利ですね。

デメリットはMNPで乗り換えたとしてもキャッシュバックが出なかったり、店舗によってキャッシュバックが大きく異なることがあるため、事前に下調べをしてから契約をしなければ損をしてしまうかもしれません。

キャッシュバック金額の相場は0〜1万円前後です。

ケータイ会社の公式オンラインショップでの乗り換え

docomoオンラインショップ、auオンラインショップ、SoftBankオンラインショップなどの公式オンラインショップも、最新機種をお得に手に入れられるチャンスです。
店頭と違い、混雑で半日潰れてしまった…必要ないのに有料のオプションをつけられた…といった不満がありません。
送料も一定金額に達すれば無料で端末が送られてくるので、送料が発生することもなく、お得なセールやキャンペーンも常に開催されているので、ショップよりも大幅に値引きされた金額で契約することができます。
公式オンラインショップのMNPキャッシュバック相場は0〜1万円前後です。

オンラインショップでの乗り換え

・おとくケータイ.net
・株式会社ADS
・ソフトバンク モバレコ店
などのオンラインショップでも乗り換えがお得にできます。

オンラインのため店舗の維持費や運営費が抑えられ、その分キャッシュバックに還元しているので、乗り換え(MNP)で最高額のキャッシュバックを狙うならオンラインショップが一番オススメです。

公式オンラインショップと同様、待ち時間が不要で早朝でも夜中でも申し込みが可能、もちろん有料コンテンツへの強制加入などはありませんので、一番お得にスマートフォンの乗り換えを考えている人は、オンラインショップを候補に入れておくようにして下さい。

スマホの乗り換え(MNP)ってどうするの?まずは復習から

スマホの乗り換え方法を紹介する前に、まずは乗り換え(MNP)の手順について簡単に復習しておきましょう。

MNPとは?

MNPはMobile Number Portability、今まで使用していた電話番号をそのまま使用して、別のキャリアに移ることを指します。

2006年のサービス開始以来、電話番号を維持したままのキャリア変更の手続きが可能になり、ショップも乗り換え(MNP)客の獲得のため、様々なサービスやキャンペーンを展開していますね。ここでは乗り換え=MNPとして紹介しています。

乗り換えはいつ行うのがお得?

乗り換え(MNP)の手続きに必要なものは?
乗り換えの手続きにはいくつか必要なものがありますので、確認しておきましょう。

・MNP予約番号
転出するキャリアから来店、電話などで連絡をして、予約番号の発行をしてもらいます。

・本人確認書類(免許証、パスポート、顔写真付きマイナンバーカードなど)
顔写真の付いていないマイナンバーカード、保険証などは別に住民票や公共料金領収書などが必要となる場合もあります。

・クレジットカードおよび預金通帳
格安SIMなどの場合はクレジットカード引き落としが多いので、クレジットカード、もしくは銀行の預金通帳を用意しておきましょう。

・印鑑
提出する書類に押印します。

・手数料
MNPの手数料は自動で引き落としされるので、お金を持ってショップに行く必要はありません。
これらのものを準備して、早速乗り換えをしていきましょう。

乗り換えの手順をチェック

MNPの手続き手順を簡単に紹介します。

①転出するキャリアからMNPの予約番号を入手します。方法は電話やショップの来店、インターネットからでも行えます。
②乗り換え先のショップで手続き
③回線の切り替え

以上がMNPの流れになります。

またオンラインショップなどから端末を購入した場合は、自分で設定を行いますが、これも説明書に従って手続きをするだけですので、非常に簡単に終わります。
特に難しい工程などはないので、焦らずゆっくりやれば誰でも手続きができますので、安心して下さいね。

乗り換えするための費用はいくら?

乗り換えをする際に必要な手数料は下記の通りです。

1.MNP転出手数料 docomoからの転出…2,160円
         au、SoftBankからの転出…3,240円
2.契約時事務手数料 3,240円
3.違約金 10,260円

3.違約金については更新月に乗り換えをした場合は必要ありませんので、できれば契約更新月を待ってから転出する方がお得ですよ。

端末の支払いが残っている場合は?

大抵のケータイは2年間の分割払いで支払いをしていますよね。

中には「2年経っていないけれど、どうしても新機種が欲しい!」という人もいます。
もし2年経たずに乗り換えや機種変更をする場合、残金の支払いはどうなるのでしょう。

これは乗り換えをする際に一括払いで残金を支払っても構いませんが、基本的には支払いの終了まで毎月同じ金額を引き落としされますので、自分の好きな方を選んで構いません。
機種やキャリアによっては、契約を解除することで割引の適用がなくなり、通常価格での支払いになりますので注意して下さいね。

docomo公式オンラインショップの特徴を紹介

スマートフォンを乗り換える方法について紹介しました。
一番お得に乗り換える方法はオンラインショップでの乗り換えですが、オンラインショップに詳しくない人は「オンラインショップって大丈夫?」「だまされるのでは?」と不安に思ってしまいますよね。

ここでは3大キャリアのオンラインショップのメリット・デメリットについて紹介していきます。

docomo公式オンラインショップの特徴

次は3大キャリアが展開している公式オンラインショップの特徴やメリット・デメリットを見ていきましょう。

docomo、au、SoftBankは公式オンラインショップを運営していますが、docomoはその中でも一歩抜きん出て、公式オンラインショップの運営に力を注いでいます。
docomoのオンラインショップは定期的にお得なキャンペーンやセールを開催しているので、実店舗で購入するよりも割引額が大きいこともよくあります。

今はキャリアよりも、格安スマホ・格安SIMの方がお得にケータイを利用できます。しかしキャリアの品質、速度の安定感は格安スマホでは手に入らない質の高さです。

docomo公式オンラインショップのメリット

・事務手数料が無料
docomoオンラインショップで申し込むと、機種変更にかかる事務手数料が無料になります。
家電量販店やショップで契約をすると、2,000円の事務手数料が初回の支払いに加算されますが、オンラインショップで契約をするだけでこの料金がお得になるのは嬉しいですね。

・頭金が0円
ショップや量販店で支払う「店頭お支払い価格」、いわゆる頭金ですが、これがオンラインショップでは0円になります。

ショップが行う手段として「本来は頭金〇〇円ですが、こちらのオプションに加入して頂くと頭金を安くします」といったセールスで、30日後に有料になるアプリやオプションに加入するように誘導します。

後から「全く使っていないアプリにお金を支払っていた!」という悔しい思いも、オンラインショップではありません。

・2,500円以上の買い物で送料無料
docomoオンラインショップでは2,500円以上のお買い物で送料無料になります。機種変更をする場合でも送料はかかりません。

・受け取り場所を選べる
上記でも少し紹介しましたが、受け取り場所は自宅以外でもコンビニやドコモショップなど、自分の希望する場所で受け取りができます。

使い方が分からない人は店舗受け取りにすると、その場で質問ができるので便利ですね。

・人気スマホの予約が取りやすい
iPhoneなどの人気機種になると、予約が少し遅くなっただけで入荷が一週間ズレるということがザラにあります。

オンラインショップならば、ドコモショップや家電量販店の予約よりも確実に手に入りますし、在庫も豊富にありますので、欲しい機種がすぐに手に入るというメリットがあります(届くまでに時間はかかりますが…)。

docomo公式オンラインショップのデメリット

・触って確認することができない
次はdocomo公式オンラインショップを利用するデメリットについて紹介していきます。

オンラインショップすべてに言えることですが、実際に触れて確かめることができないので、思っていたよりも大きかった、色味が違っていた、という誤差が生まれる可能性もあります。

どうしても実機を確認したい場合は、家電量販店などで並べてある実機を確認してからオンラインショップで申し込みをすることをおすすめします。

・データの移行が慣れない人には困難
実際にやってみると意外なほど簡単なのですが、データの移行は慣れない人にとってはハードルが高い問題です。

iPhoneでパソコンを持っている人なら、パソコンを経由してデータの引き継ぎが簡単に行えますが、パソコンを持たない人、iPhone→Androidに変更する人は、データ以降が少し面倒になります。

確実な方法は、受け取りを店頭にしておいて、店舗のスタッフにお願いするという方法。
店舗の中には、オンラインショップからの受け取りの人限定に、簡易窓口を設けて対応するショップもありますので、待ち時間の短縮にもなりますよ。

・店員に相談ができない
分からない部分や悩んでいる点がある場合、すぐに答えてくれるスタッフがいるというのは心強いものですよね。

オンラインショップでもメールや電話で相談を受け付けていますが、何となくそれも億劫に感じてしまう人もいるでしょう。
何度も紹介していますが、質問や疑問がある人は店頭受け取りに指定をして、受け取ったその場で疑問をクリアにすれば、問題は解決できるかもしれませんよ。

au公式オンラインショップの特徴を紹介

au公式オンラインショップのメリット

・契約までの時間が短い!
次はau公式オンラインショップのメリットについて紹介していきます。
どのキャリアのオンラインショップでも同じですが、オンラインショップは待ち時間というものがありませんので、時間の節約になります。

au公式オンラインショップで申し込むと、30分もあれば全ての申し込みは終了します。
自宅に端末が届いたら、SIMカードを差し替えるだけで新しいスマートフォンが使用できます。

・フィルムやケース代金も分割で購入
大抵の人は端末を購入すると同時に、液晶保護フィルムやケースなども同時に購入しますよね。良いものを選ぶとそれだけでもお財布にかなりの打撃があるのですが、au公式オンラインショップではオプション品も端末と同様に分割での支払いができます。

使用するものには多少高額でもこだわりたい、という人には嬉しいポイントです。

au公式オンラインショップのデメリット

・自分に合った料金プランが分からない
次はデメリットを紹介していきます。
auに限った話ではありませんが、オンラインショップでは料金プランが分かりにくく、自分に合ったプランがどれなのか、把握が難しいという点があります。
その点ショップではスタッフがシミュレーションをして最適なプランを提供してくれるので、安心してお任せする事ができます。

対策としては、ショップや家電量販店のスタッフに相談をして最適なプランを提供してもらい、「ありがとうございます。家で検討してみますね」と帰ってしまって、オンラインで手続きをするという方法もあります。

・乗り換えの際の特典がない
一番のデメリットと言えるかもしれませんが、au公式オンラインショップでは乗り換え(MNP)にそこまで熱心ではなく、他のオンラインショップで受けられるような特典もありません。

乗り換えをする場合は、キャリアの特典やサービスをよく検討した上で乗り換え先を決めるようにして下さいね。

SoftBank公式オンラインショップの特徴を紹介

SoftBank公式オンラインショップのメリット

・Tポイントが使える
最後はSoftBank公式オンラインショップのメリットとデメリットについて紹介していきます。

SoftBankでは機種変更やオプションの購入の際、Tポイントを1ポイント1円で使用する事が出来ます。当然オンラインショップでも利用できますので、Tポイントがたまっているという人はお得に乗り換えができますね。

・頭金が不要
docomoと同様に、SoftBank公式オンラインショップも頭金が必要ありません。たった数千円、と思うかもしれませんが、無駄な出費をする位ならばオプション品に回したいものですよね。

・5,400円以上で送料無料
SoftBank公式オンラインショップでは5,400円以上の購入で送料無料となります。docomoが2,500円以上で無料なので、少し高く感じられるかもしれませんが、いずれにしても端末を購入するのであれば、送料は無料になりますね。
ちなみに5,400円以内の購入は送料540円がかかります。

・オンラインショップ限定のキャンペーンも
時期によってはオンラインショップのみの限定特典、キャンペーンが行われているかもしれません。端末自体も店頭よりも安い、特別価格での販売が行われていますので、上手くいけば店頭よりも安く端末を購入できるかもしれません。

SoftBank公式オンラインショップのデメリット

・新規、乗り換えには日数がかかる
続いてデメリットについても見ていきましょう。
こちらもSoftBankのオンラインショップだけの話ではありませんが、新規契約や乗り換え(MNP)の契約は10日ほど時間がかかるので、今すぐ端末を手に入れたい!という人には不向きと言えます。

・実機を触りたい場合は手間がかかる
上記のデメリットでも紹介しましたが、実機を触って確かめることができないので、届いてから「思っていたものと少し違った」ということにもなりかねません。
実物を見てから決めたい人は、ショップや家電量販店を尋ねて確認してから契約するようにして下さい。

公式オンラインショップでお得なのはどこ?

公式オンラインショップの3社について、メリットとデメリットを紹介しましたが、「で、結局のところどこが一番お得なの?」と知りたい人もいますよね。
3社のオンラインショップで比較すると、

docomo…頭金0円などのキャンペーンが充実
・au…特典が少ない
SoftBank…3社の中でもキャッシュバック金額が高額

このような結果になりました。
キャッシュバック金額を狙うならSoftBankのオンラインショップが一番おすすめできます。

3大キャリア以外のオンラインショップの特徴

おとくケータイ.net

続けて3大キャリア以外のオンラインショップについて、特徴を紹介していきます。
おとくケータイ.netは、ケータイに詳しい人なら必ずといって良いほど知っている、知名度のあるオンラインショップですね。

高額なキャッシュバック、累計20万件以上の申し込み実績、ネット営業は7年間の老舗で、とことん利用者に寄り添ったサービスを行うと定評を得ています。
ただしおとくケータイ.netはSoftBank系列に入るので、現在使用しているキャリアがSoftBankの場合、新規契約や乗り換えをすることはできません。

株式会社ADS

株式会社ADSもSoftBank乗り換えを対象としたオンラインショップです。
お得な特典(具体的な明記はありませんが、おそらく10,000〜20,000円前後の現金キャッシュバック)が魅力で、毎月の利用料金も抑えられるなど、少しでもお得にスマートフォンの乗り換えをしたい人におすすめのショップです。

他社よりも料金が高かった場合は、電話やメールで相談すると対応してもらえるという柔軟さも良い点ですね。

ソフトバンク モバレコ店

ソフトバンク モバレコ店で乗り換え(MNP)をすると、サイト限定で15,000円、みんな家族ご紹介キャンペーン10,000円、さらに秋の2万円キャンペーンと口コミレビューを書くと、最大で45,000円のキャッシュバックがもらえるオンラインショップです。

こちらもSoftBankになるのですが、特にこだわりがないのであればSoftBankは公式もオンラインもかなりお得に乗り換えできますので、ぜひ検討してみて下さいね。

Y!mobile

「ふてニャン」でおなじみのY!mobileはケータイの3大キャリアに勝るとも劣らない人気のあるオンラインショップです。

こちらは3大キャリアではなく格安スマホや格安SIMになりますが、乗り換え(MNP)をしたい、少しでも利用料金を抑えたいという人は格安SIM・格安スマホもおすすめです。
機種やプランによっては、キャリアの利用料金の半額以下でスマートフォンに乗り換えができたり、端末の代金が0円サービスの特典があったりと、キャンペーンも充実しているところが多いのが魅力です。

おすすめは「おとくケータイ.net」

オンラインショップの特徴について簡単に紹介しました。
一番おすすめできるオンラインショップはやはり、「おとくケータイ.net」に軍配が上がります。

利用者数も多く実績もあり、高額なキャッシュバックが魅力です。契約後もSoftBankがサポートをしますので、万が一スマートフォンが故障をしたり分からない部分があったりしても、SoftBankショップのスタッフによるアフターフォローが受けられます。

アフターフォローをするサイトもありますが、多くはメールによる応対なので、どうしても時間のロスや面倒さが先に立ってしまいます。
やはり困った時は顔を合わせてアドバイスをもらえるという安心感がありますね。

またおとくケータイ.netは他店対抗を宣伝しているので、もしも他店が1円でも安い金額を提示したなら、同額かそれ以上の金額をキャッシュバックしてくれますので、購入者には嬉しい特典です。

ただし、ケータイのキャッシュバックを受け取る際の注意点ですが、振り込み手数料は購入者の負担となりますので、実際に振り込まれる金額は500円ほど少ない金額になります(銀行によって変動あり)。

「提示していた料金と違う!」とクレームを出す人もいますが、この点は理解しておくようにして下さいね。

オンラインショップの乗り換えが良い人、他の方法が良い人

キャリア公式オンラインショップ、オンラインショップについて特徴を説明しました。
次はオンラインショップの乗り換えに向いている人、他の方法を検討した方が良い人について紹介していきます。

オンラインショップが良い人

オンラインショップで申し込みをした方が良いのは、どのような人でしょうか。

・docomo、auユーザー
上記で紹介した「おとくケータイ.net」「株式会社ADS」「ソフトバンクモバレコ店」などは全てSoftBankになりますので、現在キャリアがSoftBankの人は利用することができません。

反対に言うと、docomoユーザー、auユーザーは格安で乗り換えができる大チャンスでもあります。

・とにかく一番お得に乗り換えをしたい人
オンラインショップの魅力は何と言っても高額なキャッシュバックですよね。
オンラインショップは通常のショップほど店舗の維持費がかからないことから、キャッシュバックという形で顧客に還元することができます。

「おとくケータイ.net」では発売したばかりのiPhoneXでも2万円以上の現金キャッシュバックが出ます。
高額な現金がキャッシュバックされたら、そのお金でフィルムやカバーを買えば店舗も顧客も大満足ですね。

他の方法をおすすめする人

・SoftBankユーザー
反対に他の方法をおすすめしたい場合もあります。
上記で紹介したオンラインショップは全てSoftBank系列ですので、SoftBankを利用中の人は乗り換えや機種変更をすることができません。

SoftBankユーザーは、現在使用しているキャリア以外の公式オンラインショップで申し込む、格安SIM・スマホを申し込むなどの方法で対応するようにしましょう。

・ケータイの未払い、滞納がある
ケータイの未払いや利用料金の滞納がある人は、審査に通らない可能性がありますので、おすすめできません。
この場合はすぐに未納分を支払えば審査にも通りますので、もしも未払いや滞納したお金がある人は、すぐにでもショップに来店して支払いを済ませてから申し込みをしましょう。

・ケータイに関する知識が全くない人
ケータイを触ることはできるけれど、それ以外のことはまったく分からない、という人もオンラインショップはおすすめできません。
もちろん一から勉強をして乗り換えることは可能ですが、時間もかかってしまうのであまり現実的ではありませんね。

すぐに乗り換えをしたいという人は、オンラインショップではなくスタッフがいる店頭で乗り換えをした方が安全と言えます。

結論:現時点で最大限お得な乗り換え方法とは!?

長々と説明をしましたが、結局のところ乗り換えで最大限お得になるのはどこなのでしょう。
結論をまとめて紹介していきます。

とにかく安いのはオンラインショップ

始めに結論ですが、乗り換え(MNP)で一番お得な方法はオンラインショップでの乗り換えです。
特に公式オンラインショップ以外のショップになると、ショップよりも遙かにお得な値段で端末が手に入りますし、事務手数料や頭金などの出費も必要ありません。

端末の到着までにロスがある、データ移行に慣れない人にはハードルが高く感じられるなどのデメリットはありますが、対策によってデメリットをクリアにすることもできますので(上記参照)、初心者でも特に問題なく乗り換えすることはできます。

2〜3月はケータイ乗り換えの絶好のチャンス!

毎年2〜3月のあたりはケータイの新規契約や乗り換えのお客様が多くなります。ショップでも新規契約(乗り換え)客を増やすため、お得な特典やキャンペーンを発表します。
この時期を見越して乗り換えをすると、通常よりもお得に端末を手にする事ができます。

ケータイ端末が安い時期に乗り換えをしておくと、2、3年後にまた新機種に乗り換えをしたいとき、解約の手数料や違約金の支払いが0円になりますので、2、3月を狙って乗り換えをしてみるのも良いですね。

月末はキャッシュバックの上乗せチャンス!?

店頭で乗り換えをしたい場合は月末が狙い目です。
月末は料金の締日でもあり、またショップでもノルマ達成のために躍起になっている時期です。

「乗り換えを考えているけれど、キャッシュバックで悩んでいて…」と相談を持ちかけてみると、キャッシュバック金を上乗せしてくれるお店もあります。
無理強いは禁物ですが、上手に現状を伝えて現金キャッシュバックを上乗せしてもらいましょう。

連休・週末も狙い目!

ショップを利用したことがある人なら分かるでしょうが、平日でも混み合っているケータイショップは連休や週末になると、人でごった返していて、対応までに1時間ということも珍しくありません。

混雑する時期にショップに行くことは億劫かもしれませんが、特別セールやキャンペーンが開催されるのも連休や週末ばかり。
安くケータイの乗り換えがしたいけれど、オンラインショップはどうしても抵抗がある、という人は連休や週末にショップに行くことをおすすめします。

まとめ

最新のスマホを最大限お得に乗り換える方法について、MNPの手続きや公式オンラインショップ、オンラインショップ、ショップの特徴、メリットとデメリットなどを紹介しました。

現段階で一番お得にスマートフォンを乗り換える方法はオンラインショップ、中でも「おとくケータイ.net」は他のショップより頭ひとつ抜きん出てお得ということが分かりました。

オンラインショップは自宅に居ながらにして最新のスマホを手に入れられる便利なサイト。利用しない手はありません。
どうしても不安がある人や分からないことがある人は、店舗受け取りにしてスタッフに相談してから利用するようにしてみて下さい。

auの最近記事

  1. iPhone X 利用レビュー【2ヶ月】使った私の感想

  2. 【学割2018年】3大キャリアの学割で得する新規・MNPを徹底ガイド

  3. MNP|乗り換えを最大に得する裏技徹底ガイド【2018年】

  4. スマートフォンと組み合わせて最大限お得になるクレジットカード|徹底解説【2018年版】

  5. 最新のスマホを最大限にお得に乗り換える方法|徹底解説【2018年版】

関連記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。